より安い腎臓病食とは│サービスをトコトン活用しましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

大変なこと

痛風になりやすい生活習慣

痛風は男性に多く、太り気味の方がなりやすいという噂があります。 しかし実際には若い方でもなることがかなりあります。 女性は女性ホルモンに守られているため、痛風にはなりにくいと言われています。 また若い時から食事には気を使う方が多いことも少ない要因の一つだと思います。 痛風の原因はほとんどが食事です。発症すると動けない激痛に見舞われ、即救急車で病院に運ばれるひどい目に合う病気です。 油ものや肉などの食事を多く取っている方や、空きっ腹にビールを飲むと発症リスクが高くなります。 よって居酒屋等で、まずは乾杯にビールをおつまみに揚げ物を食べる食生活が続くと痛風が発症し大変なことになります。 予防するものとして海藻類などや有効だとされています。

どのような生活をすると良いのか

痛風の特徴といえば足の付け根に来る激痛らしいです。 男性は痛い病気が多いです。例えば尿石ができやすく、生活習慣病になる患者が多いです。 食事に気を付けず、油ものや肉類を良く食べ野菜類をあまり食べないことが要因として挙げられています。 よって食事を工夫することにより、これらの疾患を予防することができます。 女性の1日の必要カロリーは20から30歳であれば2000kcal程度、一方男性は2600kcal程度と多めになっています。 つまり同じ食事をしても満腹感は得られません。また女性の場合ダイエットをしており必要量以下のカロリーを野菜やかんてんなどの海藻類から多く摂取しています。 男性であれば、いっぱい食べたいため生野菜をスライスするのではなく、野菜炒めにするや、酢漬けにも蛸を混ぜるなどのボリュームアップをしながら、野菜や海草類を多く取ることをお勧めします。